屋根塗装

屋根塗装

タカ塗装では屋根の塗装には遮熱塗料をオススメしています。遮熱塗料

(もちろん他の塗料もできますよ!)

 

以前は値段が高かったこともあり、あまりオススメすることも

なかった遮熱塗料ですが、近年は随分値段も下がり、省エネにも

一役買うことでオススメできるいい商品になってきました。


遮熱とは

ここで言う遮熱とは、太陽の光を反射させて屋根の蓄熱を抑える働きを指し、お住まいや工場などの室内の上昇温度を軽減してくれます。
夏には一番暑くなる屋根部分に工事を施すことで、室内の温度はぐんと下がります。
もちろん夏だけでなく、冬にも室内から温度を逃しにくく、冬の室内も温かい状態で暮すことが可能です。

遮熱塗料の働き

太陽光エネルギーは、訳50%が赤外線、訳47%が可視光線、残り3%は紫外線から成り立っています。
遮熱塗料が果たす役割は、太陽光による紫外線を効率良く反射させること。
右のグラフは(図2)、ほぼ同じ色の従来塗料と遮熱塗料の日射反射率を領域ごとに比較したものです。
日射反射率とは太陽光エネルギーをどれくらい反射するかを表す指標のこと。
この数値が大きいほど、遮熱性能が高いことを意味しています。
比較図(図1)からもわかるとおり、遮熱塗料はより多くの赤外線を反射するため、その分熱エネルギーの吸収を抑えることができ、室内の温度上昇を防ぐ効果があることが実証されています。

図1 遮熱塗料の働き 図2 遮熱塗料の働き

遮熱塗装の期待できるメリット

ヒートアイランド対策と二酸化炭素の排出抑制に遮熱(高反射)塗料は、大きな役割を果たします。

ヒートアイランド現象とは、地表面の人工化やエネルギー消費に伴う排熱の増加で、地表面の熱収支が変化して生じる熱大気汚染であり、都心部の気温が郊外に比べて島状に高くなる現象を指します。
遮熱塗料は、気温の上昇を防ぐだけでなく、クーラーなどのエネルギー消費の抑制による排熱を防ぎ、二酸化炭素の排出抑制につながるなど、著しい効果を期待できます。

 

室内環境の向上、冷房費の節約に役立ちます。

建造物の屋根に塗装することで、優れた遮熱効果を発揮する屋根用の遮熱塗料です。
室内環境の向上、冷房費の節約に役立ちます。

タスペーサーの取り付けについて

スレート屋根材に一般的な塗装をすると多くの場合、屋根材と屋根材の間に塗料が入り接着した状態になってしまいます。
この状態を放置すると、毛細管現象で吸い上げた雨水を排出できなくなって下地材の腐りやすくなり、最悪の場合雨漏りに発展する事もあります。

タカ塗装では屋根塗装をする際はタスペーサーの挿入をオススメしております。

お気軽にお問い合わせください!