屋根塗装

遮熱塗料の働き

太陽光エネルギーは、訳50%が赤外線、訳47%が可視光線、残り3%は紫外線から成り立っています。
遮熱塗料が果たす役割は、太陽光による紫外線を効率良く反射させること。
右のグラフは(図2)、ほぼ同じ色の従来塗料と遮熱塗料の日射反射率を領域ごとに比較したものです。
日射反射率とは太陽光エネルギーをどれくらい反射するかを表す指標のこと。
この数値が大きいほど、遮熱性能が高いことを意味しています。
比較図(図1)からもわかるとおり、遮熱塗料はより多くの赤外線を反射するため、その分熱エネルギーの吸収を抑えることができ、室内の温度上昇を防ぐ効果があることが実証されています。

図1 遮熱塗料の働き 図2 遮熱塗料の働き
お気軽にお問い合わせください!