防水工事

防水工事

p>防水工事建物の老朽化で、ひび割れ、剥離(はがれ)の目立つ状態になると雨漏りを起こしてしまう可能性があります。
防水塗装は屋上、ベランダなどに防水層を敷くために、建物を一つ一つ丁寧に補修工事を行い、防水塗装します。

ビルでも一般家屋でも同様に作業を行います。



FRPライニング防水工法について

ボート・高架水槽・バスタブ・自動車等に広く採用されているFRPの軽量かつ強度・耐久性・成形性などの優れた特性を生かし、コンクリート・モルタル・木部等の表面を特殊ポリエステル樹脂とガラス繊維で被覆し、水や各種の外的要因による腐食から躯体または建物を保護するFRPライニング工法です。

キュートFPシステムの特徴

信頼性の高い防水性能 軽量で、耐久性に優れた防水層 密着性に優れ、
下地の動きに追従
信頼性の高い防水性能 軽量で、耐久性に優れた防水層 密着性に優れ、下地の動きに追従
堅牢なシームレス防水層で信頼性が高い。 歩行用の露出防水で防水層は軽量かつ優れた防水性・耐久性を備えています。 弾性ポリエステルを使用した防水層で、下地の動きに追従し、密着性にも優れています。
施工中の独特な臭気を低減

施工が容易で、
特別な技能・工具等不要

短工期
マイルドな臭い 施工が容易で、<br />特別な技能・工具等不要 短工期
施工中のポリエステル樹脂特有の刺激臭を低減したポリエステル樹脂防水仕様です。 ローラー等による簡単施工で特別な設備・装置を必要としません。 他の防水工法に比べて工期が短く、しかも補修が容易です。

FP‐100工法

■1プライ仕様 露出軽歩行用(フラット仕上/ノンスリップ仕上)平均膜厚2.5mm

一般住宅ベランダ、パラペット等の防水に優れた性能を発揮します。

FP‐100工法

特長

上塗 防水層の保護と美装性。
中塗 防水機能の向上と平滑性の付与。
FRPライニング 駆体の動きやクラックに対応できる強靭な防水層。
下塗 下地の動きやクラックに追従。
プライマー 下地に浸透して、FRP防水層との強固な密着性を付与。

 

FP‐100工法 FP‐100工法

FP‐200工法

■2プライ仕様 露出軽歩行用(フラット仕上/ノンスリップ仕上)平均膜厚3.0mm

ビル・マンション等の屋上・バルコニーの防水に威力を発揮します。

FP‐200工法

特長

  • 弾性ポリエステル樹脂をガラスマットに含浸して強靭な防水層を形成します。
  • 密着性に優れ、しかも駆体(下地)の伸縮に追従します。
  • 軽量で、耐久性に優れた防水層です。
  • 垂直面やルーフドレン・脱気筒まわりの複雑な形成部分でもシームレスな防水層を施工することができます。
  • 上塗は4色のカラーバリエーションから好みのカラーを選ぶことができます。
FP-200工法 施工前 FP-200工法 施工後
施工前 施工後
お気軽にお問い合わせください!